Biography

インデペンデント・キュレーター/ クリティック
independent curator / critic

(English below)

1958年 佐賀市生  

九州大学文学部哲学科卒業・同修士課程修了(西洋哲学史)

平成20年度日本写真協会学芸賞受賞

​会員

国際美術評論家連盟日本支部(AICA Japan)基礎デザイン学会デザイン史学研究会日本ドイツ学会西日本哲学会写真の会、Oracle Photo メンバー

川崎市市民ミュージアム (以下 kcm) 在籍中、写真、デザイン、現代美術に関する展覧会のキュレーションを行う。

書籍・展覧会カタログ・雑誌・新聞・ウェブでの評論活動を行う。大学、美術館等での講演。大学等での講義。

2019年のバウハウス100周年を祝う、bauhaus100 japanプロジェクトを推進。

2019年から2020年にかけて、国内5つの美術館を巡回する企画展「きたれ、バウハウス」監修者の1人。( 杣田佳穂 と共同 )

これまでの出版

著書『光のプロジェクト 写真、モダニズムを超えて』( 青弓社, 2007 )[ 平成20年度日本写真協会学芸賞受賞 
訳書『写真の哲学のために』(ヴィレム・フルッサー著 勁草書房, 1999 )
編著『Akira Yoshimura Works: 吉村朗写真集』( 大隅書店, 2014 )

共著『現代写真アート原論「コンテンポラリーアートとしての写真」の進化形へ( フィルムアート社, 2020 )

​などがある。(publications アーカイブはこちら)


手がけた代表的展覧会

「きたれ、バウハウス」( 2019-2020 )

「ART x LIFE  折元立身」( 2016 kcm )

「WA 現代日本のデザインと調和の精神」( 2008 国際交流基金巡回 共同キュレーション )

「写真ゲーム」( 2008 kcm )

「現代写真の動向 outer/inter 」( 2001 kcm )

「遠・近 ベッヒャーの地平」( 1997 kcm )

「現代写真の動向 another reality」 ( 1995 kcm )「バウハウスの写真」( 1997 kcm )
「バウハウス 芸術教育の革命と実験」( 1994 kcm )


などがある。(curated exhibiton アーカイブはこちら)

最近の執筆(2019-2021)

「描く」ことの根源への投企。深川雅文 評 村田峰紀+盛圭太「庭へ」展 (ウェブ版美術手帖、2021.9.25)

https://bijutsutecho.com/magazine/review/24605

bauhaus100 japan プロジェクトから見えてきたもの (美術評論家連盟、2020.11.14) https://www.aicajapan.com/ja/no21fukgawa/

デサフィナード✴︎  /   わたしたちは、いま、どこにいるのか (KANA KAWANISHI GALLERY、2020.6.6.- 7.18)

https://www.kanakawanishi.com/exhibition-026-takeshi-fujimura

藤村 豪 個展『誰かの主題歌を歌うときに』(2020.6.6.- 7.18)に寄せて

大修館書店 「英語教育」連載 (2020年4月ー6月)​

4月号「バウハウスの誕生:1919年 ヴァイマール」​、5月号「バウハウスの展開:ヴァイマールからデッサウへ」​​、6月号「バウハウスの終焉:デッサウからベルリンへ」

痕跡としてのX (2020.2.21)

https://www.mfukagawa.com/post/essay_two_people

ユニット「二人」(宇田川直寛、横田大輔) による「二人のショー」展 (工房親)、ミニカタログ掲載テキスト

水没した川崎市市民ミュージアムの収蔵品救出状況が明らかに。今年度中に地階からの浸水作品搬出を目指す

(ウェブ版美術手帖、2020.2.3) https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/21286

担当執筆『バウハウス100年映画祭 パンフレット』 ( pp. 8 - 10 「バウハウス ある革命の行方」) ( トレノバ、2019.11.23 )

「バウハウスへの眼差し EXPERIMENTS」展 趣旨文 (東京綜合写真専門学校、2019年10月21日〜11月22日開催)

https://www.mfukagawa.com/post/eyes_on_bauhaus_experiments

東京綜合写真専門学校設立60周年に際して、バウハウス開校100年に連帯する写真展「バウハウスへの眼差し EXPERIMENTS」の趣旨文

執筆論文『開校100年 きたれバウハウス ―造形教育の基礎―』( pp.160 - 163「バウハウス ある革命の行方」)( アートインプレッション、2019.8.3 )

共編著『現代写真アート原論「コンテンポラリーアートとしての写真」の進化形へ』 ( フィルムアート社、2019.03.26)

「アウェー: 安西剛」展 トーク ( 2019年2月9日開催 ) 備忘録 

https://www.mfukagawa.com/post/tsuyoshianzai_inaccessibility

安西剛の個展「アウェー: 安西剛」展 (第11回恵比寿映像祭 地域連携プログラム) でのトークに基づき、本展キュレーターとして安西の作品を分析したテキスト (工房親、2019.2.3. ー 2.28)​   

最近の講義

「Visual culture & Technology ( V&T )」( 2017 立教大学 視覚文化論、2018 - 2021 東京綜合写真専門学校 視覚文化論 )

「Media & Photography ( M&P )」( 2019・2021 立教大学 写真文化論 )

「テクノ画像の宇宙へ」( 2020・2021 武蔵野美術大学 )

などがある。( lecture アーカイブはこちら)

Masafumi Fukagawa

Independent Curator / Critic

 

1958 born in Saga City, Japan

Since 1986, living and wroking in Yokohama City.

 

B.A.at Kyushu University Faculty of Literature, major in Philosophy, graduated from Department of Literature

M.A.in History of Western Philosophy, at Kyushu University

 

While working as curator at the Kawasaki City Museum (hereafter referred to as kcm),1988-2016, curated many exhibitions concerning photography, design and contemporary art.

To celebrate the centenary of Bauhaus in 2019, I supervised the traveling exhibition "Come to Bauhaus !" as a member of bauhaus 100 japan comittee. Five Museums in Japan for the traveling exhibition ( from 2019 to 2020 )

●Member

AICA JAPAN

​*AICA JAPAN was founded as the Japanese section of the International Association of Art Critics (AICA = Association Internationale des Critiques d’Art)

Society for the Science of Design, Japan, Design History Workshop Japan, Japanische Gesellschaft für, The Philosophical Association of Western Japan, Society of Photography,Oracle Photo

●Award

Photographic Society of Japan Awards

Scholastic Achievement Award,2008

 

 

●The representative exhibitions that I worked on, are

 

"The Bauhaus - Revolution and Experiment of Art Education" (1994, kcm)

 

"another reality - Aspects of contemporary photography 1995"(1995, kcm)

 

"Photography at the Bauhaus" (1997, kcm)

"Distance and Proximity: Horizons of Bechers and their Students" (1997, kcm)

 

"outer/inter- Aspects of contemporary photography 2001" (2001, kcm)

 

"Game of Photography" (2008, kcm)

 

"WA: The Spirit of Harmony and Japanese Design Today" (2008 International exhibition of Japan Foundation, curated by 4 curators including me )

 

"TATSUMI ORIMOTO: ARTxLIFE" (2016, kcm)

"Come to bauhaus!" (2019-2020, Five Museums in Japan for the traveling exhibition) and others.

 

●Books:

"A Project of Light - Photography beyond Modernism"( Seikyu-sha 2007 Tokyo)

〔Translation〕"Vilém Flusser: Towards a Philosophy of Photography" ( Keiso-shobo 1999 Tokyo)

 

●Writing: reviews and essays on contemporary art, design and photography, 

 

●Curating: exhibitions at galleries and museums in Japan and abroad.

 

●Lectures and talks at universities, colleges, museums and symposiums in Japan and abroad. 

 

A recent lecture is entitled "Visual Culture & Technology ( V&T )" (2017 at Rikkyo University, 2018 - 2021 at Tokyo College of Photography) "Media & Photography (M&P)"(2019 at Rikkyo University) and so on.

 

●The bauhaus 100 japan project as a member of the bauhaus 100 Japan committee, celebrating the 100th anniversary of the Bauhaus in 2019.